\ 楽天ポイント最大10倍! /

フォロワー600人で見える世界 人と人のつながりと数の力

コラムアイキャッチ画像003

先日の11/14日
わたしにステキな出来事が起こりました。

それは ごくごく日常に転がっている
「小さな感動」
それは ごくごく日常に転がっている
「小さな必然」
そして ごくごく日常で
「気が付かず」に過ごしているものなのです。

 


目次

本日わたしに起こったステキな出来事

始まりはゆうてんさん と仲良くなったことがきっかけでした。

Webライターなど多方面で頑張っている方で、
はじめて仲良くなったときも、とても丁寧でやる気に満ちあふれていて
何かを感じさせる人・何か持っている人という印象。

その ゆうてんさんがフォロワー200人を突破した感謝企画を
立ち上げたツイートをしていました。

その感謝企画のツイートに対して

と、応援したくなってリツーイト(RT)しました。


しばらくすると

わたしのフォロワーさんだった ひらりんさんが
感謝企画に参加をしてくれました。

ひらりんさんは3月にブログを始めて、子育てなどの雑記ブログを運営しています。


この時点では、「あ~ひらりんさん。RTをみて感謝企画に参加してくれたんだなぁ。
ゆうてんさんをフォローまでしてくれて、なんだか嬉しいな」くらいに思っていたのですが
ゆうてんさんからのリプライ(リプ)が・・・

「うんうん。やはり丁寧な対応だし、好印象なリプだな~。」
「ん?んんん~~~」
影響力半端ない?」
誰のこと?」

人と人のつながり

人々が手をつないでいる

そりゃあ、わたしも人の子ですから
「影響力半端ない」なんて言われたら、嬉しくてたまりません。

Twitterを始めたのも、副業で何をしたらよいか分からず
注目されて、何かしらの影響力がほしいなぁ~なんて気持ちも
少なからずありましたからね。

でも同時に「影響力???」とテレながら考えてしまいましたw
そして単純なので「あるのかな?」と納得もしてしまいました。

流れ
わたしの考え・行動

ゆうてんさんが企画やっているよ。良い人だから大丈夫だよ。

流れ
ひらりんさんの行動

ひらりんさんがわたしのRTをみて、興味を持って感謝企画の参加&ゆうてんさんをフォロー。

流れ
ゆうてんさんの思い・行動

フォローを返す(フォロバ)。つながり増える。感謝してくれた。

流れ
ひらりんさんの思い

フォロバでつながり増える。つながり増えてうれしい。

流れ
わたしの思い

紹介した者同士のつながりが増える。感謝されてとてもうれしい。

この流れを否定したりするのは、
ゆうてんさんにも
ひらりんさんにも
失礼というものです。

日本人が得意な謙遜なんて必要ありません。

「わたしはTwitterで多少の影響力を持てた」
と実感しました。


数の力はバカに出来ない

ライブハウスに人が集まっている画像

フォロワー770人を達成している人が持つ影響力について
冷静に分析もしてみましょう。


わたしが感謝企画をRTしたときの
インプレッション(自分の投稿が各ユーザーのタイムラインに表示された回数)が
262回でした。

注)前提としている「インプレッション262回」は
普段のわたしからすると、多くもなく少なくもない平均的な感じです。
余程ひどいツイートでないと、これを下回ることは珍しいと考えてください。

そして感謝企画をRTした
エンゲージメント(いいね、返信、詳細のクリック、プロフクリックなど各ユーザーの行動)が
14回でした。

Twitterの場合エンゲージメント率(ユーザーの行動の期待値)というものがあって

エンゲージメント ÷ インプレッションエンゲージメント率
という計算でエンゲージメント率は求められます。

当てはめると
14(回) ÷ 262(回) =0.0534
でエンゲージメント率は5.3%となります。

Twitterではエンゲージメント率の平均は5%前後と言われています。


感謝企画のRTも平均の5%と変わらない数値ですね。
ということは、フォロワーさんが770人くらいいると
普通にこのくらいのエンゲージメント率が期待できるわけです。


そしてエンゲージメント(行動)の14回の中で
成約率として(仮に設定した期待値。Twitterにはないもので、ブログの考え方から拝借)
5%の人が興味をもってリンクに飛んでくれるとします。

14回自体が何かしらの行動をした回数ですが、内訳が分からないため成約率を掛けて
ゆうてんさんの感謝企画に参加した人数として算出しています。
成約率5%は少し厳しめに設定したつもりです。

14 (回)× 0.05 = 0.7
となって0.7人の人がリンクに飛んでくれることになります。


実際には0.7人という数値はありえないので
半分を超えているということで1人と数えましょう。

ここから分かることは

フォロワーさん770人の人が何かを紹介したときに
1人くらいの人が紹介に対してアクションを起こしてくれる。

ことになります。

それから考察できること

繰り返しになりますが

フォロワーさんが770人いると、自分のツイートに対して1人がアクションを起こしてくれる

と思ってよいです。

正直、わたしはフォロワーさん500人くらいでも影響力が出てくると実感しています。

そしてその500人のフォロワーさんを

フォロワーさんを数として増やさない事。

という事が前提となります。

フォロワー数だけにこだわると
反応のないフォロワーさんだけになってしまって
先ほどの計算が当てはまりません。

普通に交流を楽しんでいれば良いかな。
まあ、最低限のテクニックと努力は必要ですね。

Twitterはじめたばかりの人に
少しは明るい未来を提示できたでしょうか?

人のつながりが出来た あなたにできるステキなこと リツイート(RT)

わたしはフォロワーさんが500人を超えて
違う世界が見えるようになりました。

違う世界が見えるということは

インプレッションやいいねの数が増える=影響力を持ち始めた

と思って構いません。

本音を白状すると影響力が持てたなら

一緒に頑張っている1人1人に、つながりを持てるお手伝いができたらいいな

って、ゆうてんさんの感謝企画をRTで紹介したときに狙っていました。


これも ゆうてんさんとのやり取りですが、ご紹介します。

これに対しての、わたしのリプ

さらに ゆうてんさんからのリプ

素直でいい人だなぁw

RTの使い方として最初のツイートに書いてある
「有益な情報を集めることができるアピール」といった
使い方も間違いではないと思います。

また、インフルエンサーのツイートをRTして
リプを返してもらい、インプレッションを確保するという考え方もあります。
これも間違いではないと思います。

しかし、わたしは今回の ゆうてんさんと ひらりんさんのつながりを
手助けしたような使い方が
一番、わたし自身にとって楽しくて、ステキな使い方だと言いたいですね。

「にほんブログ村」に参加してます

「人気ブログランキング」に参加してます

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる